They'll never get caught.
They're on a mission from God.


【 mission 3】
仏乳房(プッチブサ)登場

2004.04.29.(木)


【その名は仏乳房】

くどいようだが Boogie Man's Cafe POLEPOLE を活動の中心に置く The Busaiku Brothers Band 。
次のミッションは『春の新人戦』となった。
新人戦と名がつくのだから、新人でなければならない。というルール。
言い変えれば、そのキャリアはともかく新ユニットであるとか、新バンドならば出場OKなのである。

というワケで、新人バンド・プッチブサを電撃結成するコトに決定。
このコトをMCブサイクとDrブサイクとで携帯メールにてやりとりをしている最中に、バンド名を誤って入力、
さらに漢字変換して現れた文字が“仏乳房”である。
フランスのオッパイ・・・あるいはホトケのボイン・・・実にいかがわしくていいではないか。
今ではMCブサイクのiMacでぷっちぶさは一発変換で仏乳房と出てくるようになった。



【The Busaiku Brothers Band - Busaiku Horns + Busaiku percussions = 仏乳房】

構成は、The Busaiku Brothers Bandからホーン隊を外し、代わりに打楽器隊を導入。
土着の音とでも表現すればいいだろうか、イッチョマエにそんなサウンドを目指した。
新人戦に出場するにあたっての曲は『LEAVE A MESSAGE / BOOGIE MAN』である。
日本語ダンスホール・レゲエの一人者のBOOGIE MANの言葉の速射砲をカバーである。

仏乳房は新人戦にはこの1曲だけで出場するコトにした。
この1曲に全身全霊をかけて取り組んだのである!というタテマエの裏には、メンバー揃って練習する時間がとれなかったというホンネもあるのだが、これはナイショにしておくのである。
実際、練習は直前の4月24日(土)の深夜、それも通しで2度しただけ。

そうだなあ、時間にして20分くらいだっただろうか。
やっつけ仕事ではない。濃度の濃い練習であったのだ。
・・・と思いたい。



2004.04.29.(木)

世の中は祭日。みどりの日。
もっとわかりやすく言うと昭和天皇誕生日だな。
浮かれたヤツらにゃゴールデンウィーク初日ってコトらしいが、周りには誰もそんなのはいない。

POLEPOLE『春の新人戦』は、王道から個性派まで何でもあり(ヴァーリ・トゥード)である。
そんな中でなぜか仏乳房はトリを務めたのであった。

ダンスホール・レゲエは福山の地元アマチュアバンドでは隙間なポジションというコトも幸いしたのであろう。
オオムネ好評で終えるコトができたと感じた。
むしろ「1曲だけかい!」などと客席から聞えたが、できないもんはできないのである。

こういうのは、いっぱい練習してる人に申し訳ない気もするが、これも何でもありと解釈されるのが、
『春の新人戦』の魅力だろうと感じる。
それどころか、本体であるThe Busaiku Brothers Band でもこの曲をやろうぜって誰からともなく言いだしたコトは、それはそれで我々の収穫であった。